MENU

まみぃ保育園の取り組み

無限に広がる考え方

2020/02/20

ある日の夕方、木の廃材を使い遊んでいる子どもの姿がありました。

もくもくと何かを作っていることが気になるお友達も。

しばらくして、様子を見に行くと・・・

大きくて立派なお城が完成していました。

三角の木の廃材を屋根に見立てたり、しきりを作ったりと

子ども達の考え方に驚かされました。

このような考え方が、無限に広がっていってくれれば・・・と思っています。

 

 

リズム遊びで楽しく!

2020/02/19

運動遊び・・・外でおもいっきり体を動かす、

何か物を使って動かす・・・

そんなイメージがありますね!もちろん、それも乳幼児期には

大切なこと☆

その他にも、ピアノの音に合わせて様々な動き(亀・うさぎ・お舟など)

を行う、リズム遊びをしました。

この遊びは、楽しく出来ると同時に、0歳から5歳、大人までが

楽しく参加でき、なおかつ健康にも良い、運動機能を高めることができます!

その中の一つである

亀の動き

この動きは、自分の体の位置を知ると同時に、

背中周りの筋力を鍛える・首を持ち上げることで首周りの筋力向上

など、さまざまな運動機能へとつながります!

大人がすると顔周りのシェイプアップ効果もありますよ♪

ぜひ、お家でもお子さんとしてみてください!

このように、さまざまな動きの中での土台となるリズム遊び!

この経験を通して、子どもたちが自分自身の体を知り、

理解し、動かすことができるようになることを期待しています!

白色のえんぴつ

2020/02/18

色とりどりの鉛筆でお絵かきをしました。

「あか」「あお」「きいろ」「みどり」

知っている色も増えてきました。

 

白色の鉛筆を手に取ると…

「あれ?つかない?」

白い台紙に白の鉛筆で描くと、

目立たず見えにくいですよね。

不思議そうな顔をする子ども達。

そこで…

黒い画用紙を用意してみました。

白色が浮かび上がるので

子ども達はさらにびっくり!

嬉しそうに何度も鉛筆を滑らせていましたよ。

 

「お絵かきする紙は白色」

今回子どもたちの姿から

「それは思い込みである」と気づかされました。

 

私たちが気が付かないだけで

知らず知らずのうちに思い込んでいること

実はたくさんありますよね。

子ども達には、そんな固定観念を取っ払って

もっともっと自由な発想を持ってほしいと願っています。

 

次は何色の紙に描いてみようかな?