親和会ブログ
2016年9月15日 木曜日

 

 

最近、「対人関係」について自分の考え方が変わってきていると感じた瞬間があります。

学生、社会人新米のころ、身近な人との関係に悩んだ時には仲のいい人の懐に逃げ場所がありました。

苦手な人との接点を避けるか、嫌われまいとして取り繕うことも。

社会人経験が長くなると、そうも行かなくなることを覚え、

「これは人との信頼関係をよりよく結びつけるための試練を与えられて、自分を強く持つことへの挑戦なのだ」

などと気負っていましたが、案外相手は自分に対し特別な感情を持っていなかったり、

興味や好奇心から生まれるアタッチメントの形状が自分と異なっているだけであったり、

全て自分軸が基準のため生じていた悩みだったことに気づかされました。

 

それは禅語の「無私」に出会ってから。

 

「無私」とは

私を無にして、一切合財を相手の立場に立って考え、

我欲、エゴなどの「自分のため」といった感情を持たないこと。

また、私的計測基準などを排除して、他の存在自体を認識できる状態のこと。

 

無私のこころで物事を見ると、そのもの自体をより確実に正確に認識できるようになるといわれています。

そのため日本の「禅」も、無私の境地の訓練方法の一つとして行われています。

 

私は、お寺巡りや仏教の学びを好んでするタイプではありませんが、

昔から欲の深い人を見ると、「空しいな」と思っていた節があり、

自分に何か欲しいものが見つかった時の感情が盲目に近いことに感じていました。

なぜかって。

「欲」は「満足」にはたどり着けない感情ですから。

決して「出世欲」の欲は、高い目標に向けた「志し」ではないように、

「快」を感じる本能的な心の働きだからです。

 

与えられた物や環境の中で、どう「無欲」でいられるか。

誰かへの 要求 嫉妬 嫌悪

思いの違う相手への、渦巻く愚問に縛られ、

厳しい人間関係の試練を耐え抜き、崇高になった気持ちになるのではなく、

 

ただ、ただ 「無私」であること。

我よりも他人を思えること。

 

そういうものに 私はなりたい (これは宮沢賢治だった・・・)

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 親和会ブログ

2015年9月7日 月曜日

 

『バスで泣きやまない乳児 運転手の言葉、ネットで拡散

 バスの車内で泣き始めた乳児をあやせず困った母親に、運転手が車内アナウンスで語りかけた言葉がネット上で話題になっている。

8月31日午後、15人ほどが乗った横浜市営の路線バスで母親の腕に抱かれた赤ちゃんがぐずり始めた。母親と友人の女性が2人であやしていたが、赤ちゃんは手足をばたつかせ泣き声は大きくなるばかり。友人は途中で下車し、母親は立ち上がりあの手この手であやすも泣きやむ気配はなかった。

10分ほど経った時、車内アナウンスが流れた。

「お母さん、大丈夫ですよ。赤ちゃんですから気になさらないでください。きっと眠いか、おなかすいているか、おむつが気持ち悪いか、暑いかといったところでしょうか」

明るい口調でミラー越しに語りかけたのは、鈴木健児さん(46)。乗車歴20年のベテラン運転手だ。

「迷惑をかけないよう何とかしたい、というお母さんの焦りをひしひしと感じた。今後バスや電車を使うのをためらうんじゃないかと心配になって」と振り返る。このやりとりがネットに投稿されるとツイッターなどで拡散され、「感動。まさにプロ」「運転手さん素晴らしい」などの投稿が相次いだ。』

  朝日新聞社

先日見かけた記事で、心がとても温まるニュースでした。

これはみんなにも伝染させたい子育て支援のひとコマだと思い、更衣室に貼っておきました。

実は私が何年か前に研修で山手線を使うことがあり、

3歳くらいの男の子が、お母さんに一所懸命外の景色を見て話しかけている車両に乗り合わせました。

通常、子どもの特徴を知っている者からするとなんとも微笑ましく、当然の姿だと思うのですが、

少し離れた席に座っていた40代の女性が、とても疎ましそうな表情で「静かにさせろよ」と、

つぶやくのを耳にしたのです。

その時に私は気の利いた言葉も出ず、「残念な人だな」と心に残しただけの出来事を思い出しました。

幸いにもその親子の耳には届かないままで済みましたが、

今回の記事のバスの運転手のように、いつでもスマートに親子を支援するエールが送れる気持ちを

持っておきたいものだと、福祉というより、人間を学ばせてもらった気がします。

job_driver

カテゴリー: 親和会ブログ
2015年3月9日 月曜日

 

先日の美術展覧会で見た、マッケンジー・ソープさんの絵に似せて

ピーステーブルに飾りたいと思っていた絵を描き、

飾ってみてね、とお部屋の先生に渡しました。

 

IMG_4230_R

後日その部屋を見に行くと、あら素敵、癒しの空間に飾ってもらえてました。

階段下の小さなスペースですが、左奥にはマットやクッションが置いてあります。

ちょっとしたカフェの一角みたい。

子どもたちがいない時に、こっそり休憩しに行こうかしら。

 

テーブルの上には「平和的解決の場」という額が置かれています。

その上に小さな文字が書かれていました。

IMG_4232_R

 

「国際連合憲章」!? 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E6%86%B2%E7%AB%A0

http://www.unic.or.jp/files/about_un.pdf

まさかの国連教育がなされていました。

確かに、平和・人権・自由の権利と尊重を共同に努力することは、

保育の原点ではあります。

「すべての加盟国は、その国際紛争を平和的手段によって

国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決しなければならない。」

 

まずはこの小さな保育園の共同生活の中から

「平和」「安全」「正義」をもたらせていくことを誓った

一つの場面が見られたことに、感動と驚きがありました。

 

きっと大人への意識付けのために、ある先生が仕掛けたのでしょうね。

 

 

 

 

カテゴリー: 親和会ブログ
2015年2月13日 金曜日

この日、春日市ふれあい文化センター ギャラリーにて

社会福祉法人共栄福祉会チャリティー絵画展実行委員会が主催される

「現代国際巨匠絵画展」&仲間たちの作品展

に、行ってきました。

うちの理事長が、その実行委員としてお手伝いさせて頂いており、

せっかくの機会でしたので、昼の時間に職員と観覧しに行きました。

 

入口を進むと、まずは右側に飾られた板屋学園の尾崎聡彦さんが描かれる、

色彩豊かな大きな絵に引き込まれます。

理事長も好きな藤城清治さんの絵もあり、

フジ子ヘミングさんも絵を描かれるんですね、猫の愛らしい表情がとても印象的でした。

ピカソやシャガールにもため息が出ます。

 

「ピーステーブルに こんな絵が置いてあると平和的でいいですよね。」

と、職員が座り込んで魅入るほど、誰もが笑顔になるような可愛らしい絵もあります。

「買えないから、描こうか!」と豪語してきましたけどね。

 

理事長から「後ろのコーナーにいらっしゃるのが、アラン・ボノールさん」と案内され、

ご本人が描かれた二十点以上ある作品に囲まれながら、

サイン会を行っているのが見えました。

手ぶらでしたので、何にサインしてもらおうかと恐る恐る近づいていきましたが、

アランさんの絵をプリントしたB5サイズ程のポスターに

名前入りでサインしていただけました。

60683-1

柔らかい色彩で、澄んだ空気を感じさせるようなとても美しい絵です。

絵画には、その描く人の心が表れますよね。

 

アランさんは決して強い香辛料などは口にされないんだろうな

などと思いながら、その繊細さや浄化された心の内を垣間見れて、

私も、こんな心を持ちながら子ども達と接していこうと、

心の洗濯をして参りました。

 

あぁ、そうだ・・・

「ありがとう」はフランス語で「merci」だった。。。

 

15日(日)まで展示、サイン会も行われているそうなので、

娘も連れて行って、今度こそフランス語で挨拶してこよう!

 

 

 

 

カテゴリー: 親和会ブログ
2014年7月1日 火曜日

幼児向け絵本作家などで有名な「藤本四郎」画伯と一緒に、毎年恒例のスケッチ旅行に行ってまいりました。

平成26年5月20日に成田を出発してオランダのアムステルダムに到着。

バスで世界遺産の古い町「エダム」に移動。初日は夕方ホテルにチェックイン。

夕食を終えてまずは休息。

 

次の日は、早速スケッチ開始。

エダムという町は世界文化遺産に登録された歴史のある古い町です。

また、宿泊したホテルは、1654年に建てられた古い民家を4軒まとめてリフォームして、

今はホテルに改装された素敵なホテルでした。

4軒の民家すべてがホテルに変っているので、日本旅館の「離れ座敷」みたいな感じです。

それぞれの家のリビング・ルームや寝室がそのまま宿泊室になっています。

大きな部屋に当たることもあれば小さな部屋もあり、バスタブ付の部屋もあればシャワーだけの部屋もあり

みんなの部屋割りが決まるまでワクワク・ドキドキでした。

残念ながら、私たち夫婦の部屋はバスタブなし。

ウーンがっくり。でも、窓が多くて見晴らしは最高の部屋でした。

何かが物足りなければ何かが恵まれている、といった具合で、よくバランスが取れています。

ヨーロッパの人たちは、このような「民家を改造したホテル」が一番人気なのだそうです。

このホテルに2泊しましたが、連日満室でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0007_R

 

 

 

 

 

 

 

 

街並みは、400年近く前の古い家が立ち並ぶしっとりとした雰囲気です。

その中にところどころ斜めに傾いた建物があります。

やはりオランダは海を埋め立ててできた国なんだなあ、地面が少しづつ沈んでいるのかな?

と、思わせます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

オランダ人はこう言うそうです。

「世界は神が作った。しかし、オランダはオランダ人が作った」と。

石を積み上げて堤防をつくり、そして海水をくみ上げて海に流して干拓しました。

水をくみ上げるために風車が一日中まわり続けたということです。

オランダ人が国を作り上げたという実感がこもっています。

また、多くの運河が張り巡らされています。船での交通が当たり前だったのでしょう。

 

 

後日、アムステルダムに戻った時に発見したのですが、運河のいたるところに民家が浮(?)いていました。

使用権だけを国に払えば、どこにでも移動できる浮草(?)のような家です。

季節ごとに北に移動したり南に移動したりするそうです。

しかし、ちょっと外から見えた室内の様子は、日本では豪邸といわれるような立派な佇まいでした。

二度びっくり!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目のスケッチ場所は北海に面した海辺の町「マッカム」です。

ホテルの窓からは海に「白鳥」が遊んでいるのが見えました。

本当に北の海なんですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

中心街はやはり運河の町です。300年以上たった古い街並みが続いていました。

 

DSC_0008_R

 

 

 

三つ目のスケッチ場所は漁師町の「ヒンデーローペン」です。

ヨットハーバーなどもあって、ヨットのマストが林の木々のように乱立しています。

とてもわたしには描く気力が生まれませんでした。

逆に陸地のほうに移動して田舎の家々を描きました。

(出来が悪いので、絵はご紹介できませんが・・・)

ところが、ここでとんでもないハプニングが・・・

近くの教会で結婚式を終えた夫婦とその結婚式を

プロモーション・ビデオにまとめようとしている友人たちが、

スケッチしている私のところにそっと近づいてきました。

初めは気付かなかった私が振り向くと、カメラマンが「そのまま絵を描き続けてくれ」というのです。

私が描いている様子を手前にして、遠くに夫婦が歩いていく画面を撮影しようというわけです。

緊張しました。その後、記念に夫婦と一緒に記念写真を撮らせてもらいました。

それと、キス・シーンもおまけに・・・

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

四つ目のスケッチ場所は「オランダのヴェネチア」と呼ばれる小さな村「ヒートホールン」です。

ヴェネチアのような都会的な風景ではなく、運河がいっぱいある田舎の風景でした。

スケッチをしている間、空気の良さと環境の穏やかさにとても癒されました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0009_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の移動地は「内陸の村 アーネム」です。

広大な森の中に(バスが入口を入ってから約1㎞は走ったと思われるところに)

「クローラー・ミュラー美術館」がありました。

ゴッホが絵を描き始めたころからのコレクションを展示しているとても珍しい美術館です。

クローラー夫妻が私財を投じて作った美術館ですが、ものすごい人数の見学者がいました。

私は、初めて「暗い時代のゴッホの絵」を観ることが出来ました。

オランダの当時の農民の生活の苦しさがよくわかります。

その当時の農家では食べるものが少なくて、1回の食事にはジャガイモ1個とスープだけ

が当たり前だったようです。ですから、すぐにお腹がすきます。

そうするとまた何か口にしなければなりません。1日5回の食事をしていたそうです。

それも本当に少しづつ・・・

(写真撮影が禁じられたていたので、映像はお見せできませんが、本当に真っ暗な絵ばかりでした)

 

つぎは、ベルギーに移動です。これも古い町「ブルージュ」に到着です。

ここでは3泊しました。

時差ぼけのピークの時に、救いの日程です。1日はホテルで休息しました。

やっと疲れが取れて次の日、創作意欲(?)が湧いてきました。町の様子を描きました。

最初の日は、これも古いお屋敷をホテルに改造した運河に面した家です。

スケッチをしていると、カナダから旅行に来て、私が描いていた家に泊まっている初老のご婦人が

「いい絵ですね、これ売ってくれませんか?」

半分冗談だと思ったので、

「ノウ・イッツ・マイン」と言ってしまいました。

2人で大笑いしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0010_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日は貴族の宮殿の後市庁舎に使われている建物の運河側からの絵です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0011_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでスケッチの紹介は終わります。

 

最後の日は、オランダのアムステルダムに戻って1泊しました。

もう絵を描く意欲はありません。他の方々はスケッチしていましたが、私たち夫婦は食欲と観光です。

街中をぶらり・ぶらりと。旧市街はやはり情緒のある街並みが続いていました。

ゴッホ美術館とアムステルダム博物館を見学。

レンブラントの壁一面の壁画の数々、フェルメールの鮮やかな青を使った絵、

その他に現在活躍している画家や彫刻家たちの作品、数百年前の豪華な家具や衣装など、

オランダの歴史が4フロアに展示されています。どれを鑑賞しても感動の連続です。

いい時間を過ごしました。(この博物館はストロボをたかなければ撮影は許可されていました)。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

9日間を過ごしたオランダ、そしてベルギー、とても心が癒された旅行でした。

藤本先生、そして同行していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

カテゴリー: 親和会ブログ
2014年5月28日 水曜日
「見守る保育研究会」の代表 藤森平司先生のブログにある記事をご紹介いたします。

しなやかな心

 スタンフォード大学の心理学者であるキャロット・ドゥエックは、人々には二つのタイプがあると考えました。それは、知能やほかの能力は本質的に生まれつき変わらないものであると思っている「凝りかたまった心」の人々と、知能は改善できると信じている「しなやかな心」の人々です。彼によると、生徒の心のありようを見れば、成績の伸びがだいたい予測できると言います。知能は伸ばすことができると信じている生徒は、実際に成績も延びているのです。

知能そのものが変わろうと変わるまいと、心のありようは確実に変えられるといいます。ドゥエックやほかの研究者たちの示すところによれば、正しい対策によって、生徒の心のありようを凝り固まったものからしなやかなものへ変えることはできるし、結果としてその方が成績があがることになると言います。この正しい対策とはどんな対策なのでしょうか?私の実感では、この心を変えるのは非常にむずかしい気がしています。凝り固まった心を変えることができるのであれば、もう少し改革が進むのにと思うことが多くあるからです。しかし、それは性格的なこともあるでしょうが、年齢的なこともあるようです。

「ステレオタイプの脅威」という現象を突き止めたスティールとたびたび共同研究をしているジョシュア・アロンソンは、心のありようを変えるための対策の効果を二人の同僚とともに比較研究をしました。研究対象として選んだのは、主として低所得層の7年生です。1年の間、対象の生徒それぞれに大学生の助言者を一人つけます。生徒と助言者は一度につき90分、2回顔を合わせた後、定期的に電子メールで連絡を散りあいます。無作為に選ばれた一部の生徒には、しなやかな心のありようを作るためのメッセージが助言者から与えられます。どのようなメッセージかというと、たとえば「知能とは限定された資質ではなく、こころの訓練によって拡張できる能力であるというようなものだそうです。もう一つのグループには、「薬物の使用は、成績にも悪影響を及ぼす」などといったありきたりのメッセージが与えられます。

学年のおわりに、この二つのグループをこの州の標準学力テストのスコアで比較しました。その結果、しなやかな心を作るメッセージを聞いた生徒の方がアンチ・ドラッグのメッセージを聞いた生徒よりもはるかにいい成績を上げていたのです。最も顕著な効果は、女子生徒の数学のスコアに見られたのです。いままで、女性の数学のスコアにはとくにステレオタイプの脅威の影響が失われやすかったのです。女子は数学が苦手であるという典型をなぞる結果になったらどうしようと心配している生徒が大勢いるようでした。この実験では、アンチ・ドラッグのメッセージを受けていた女子生徒の平均点は74点、同じメッセージを受けていた男子生徒の平均よりも8点低かったといいます。しなやかな心を作るメッセージを聞いた女子生徒の平均点は84点、男子生徒との差に完全になくなったというのです。

この実験は、いろいろな意味で参考になる気がします。子どもたちに注意をしたり、励ましたり、奮起させようとしての言葉がけに、アンチ・ドラッグのメッセージのような内容なものが多いかもしれません。それでいて、相手が少しも変わらないことを歎くことが多いのですが、実は、それはこちらの問題のようです。

子どものやる気を引き出すのは、大人が子どもを信じる気持ちと、前向きな展望を示唆する言葉がけなんですね。乳幼児期に限らず、いつでも大人は子どもに向かって見下ろす指導ではなく、子どもと並んで天空の雲を指さすように、私も子どもと一緒に希望のまなざしを同方向に持っていたいと、強く感じた内容でした。

 

カテゴリー: 親和会ブログ
2014年4月3日 木曜日

 

春本番。親和会、3つの保育園の 『入園式』 が行われました。

保育園に登園する道すがら、桜の花が満開です。

この晴れやかな日に、新入園児の子どもたちは、

初めての保育園に通う経験を味わいます。

親と離れて子どもたちの集団に入っていくわけです。


親にわがままを言ってやってもらっていたことが、

これからは 『自分のことは自分でする』 状況に置かれます。

さあ大変だ!と、早く気付く子は、入園式の会場で大声を張り上げて

入園を拒否しようとします。

 

しかし、その反対の表情を見せる子がいます。

子どもたちの輪の中で遊んでいるほうが、家にいるよりずっと楽しいと

感じている子どもは 『さあ、楽しい毎日が始まるぞ!』 と、目が爛々と輝きます。

入園式の日は、この悲喜こもごもがはっきり出る日です。

この光景を、挨拶する側から眺める楽しさでワクワクしてしまいます。

 

さて、本日から新しい年度の保育の1年が始まります。

どんな楽しいことが待っているのかな? 

みんなで楽しく生活していきましょう。

それでは今年1年間よろしくお願いいたします。

DSC09154_R 

 

 

IMG_0489_R

カテゴリー: 親和会ブログ
親和会のこだわり
理事長ブログ
採用について